マツキドライビングスクール赤湯校の合宿免許

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、山形県にある「マツキドライビングスクール赤湯校」の免許合宿に参加した方の口コミをご紹介します。

 

なお、「マツキドライビングスクール赤湯校」の詳しい情報や、他の口コミ・体験談は下記のページをご覧ください。

マツキドライビングスクール赤湯校のページはこちら

 

それでは口コミ情報をどうぞ↓

通学より合宿免許を選んだ理由は・・・

私は免許を取得して10年経つ女性です。私が合宿免許に参加したのは大学4年生の6月、21歳の時で、免許の種類はオートマ限定です。当時は実家の千葉県に住んでおりました。

就職前の時間のある時に免許を取りたいね、という話を大学のゼミの友達としており、就職先の内定が決まった後、女友達6人で合宿免許に行こうという話になりました。

大学4年生になると授業も少なくなり、ある程度まとまった時間が取れるので、教習所に定期的に通うよりは、短期間で一気に免許を取得した方が効率的だと思いました。

また、合宿免許の方が教習所に通うよりも安かったので、合宿免許で取ることにしました。友達と6人で行くので、半分旅行感覚というのもありました。

合宿先は大学の生協で紹介されていた中から、東京から遠すぎず、値段が安く、自然が多そうな印象の、山形県のマツキドライビングスクール赤湯校にしました。

マツキドライビングスクール赤湯校での教習や教官は・・・

教習所は少人数のアットホームな雰囲気で、6人の友達のうち私ともう1人の子と、東京から1人で来ていた子の3人1グループで授業等を受けていました。

教官の先生は若い先生や個性的な先生が多くて、特に実地教習の際はクイズを出してくれたり、恋愛話をしたり、道路を走りながら地元のフルーツの話をしてくれたりと、車に乗るのが毎回楽しみでした。

実際に道路から畑が見えて、田舎の道を走っていたので、東京の道しか見たことない私には道路を走ること自体が新鮮でした。

毎日その日一緒に車に乗る先生が発表されるので、今日はどの先生かな?とかドキドキしながら通っっていたのを思い出します。

一点だけ残念だったのは高速教習がなくシミュレーションだったことです。

シミュレーションはゲームセンターのようなもので、実際に高速道路を1回も走らなかったので、免許取得後も高速道路を走るのは自信がないです。

宿泊先や食事は・・・

私たちは自炊プランを選んだので、宿泊先はウィークリーマンションのようなところでした。

昼食は教習所で提供され、朝食と夕食は自炊です。

生活に必要なものはほとんど揃っていて、前の人が置いていったであろう調味料等も揃っていました。

大学生で実家を出たことがなかったので、友達とほとんど手探りで自炊していました。

教習所で提供される昼食は仕出し弁当のような普通のお弁当です。美味しくも不味くもなかったという印象ですが、バランスは取れていたように思います。

教習所や宿泊先の周辺は特に遊ぶようなところはなかったですが、スーパーはありました。

ほとんど教習所と宿泊先の往復をしていたので、不自由はなかったです。

合宿免許の2週間は・・・

車の中での教官との会話や、自然の豊かな山形の道を走ったのはとてもいい思い出です。

とても優しい先生が多く、毎日友達と「今日は〇〇先生の教習だった。こんな話をした。」という話題で盛り上がりました。

印象に残る山形での2週間でした。

 

・・・・・・・・・・・

今回の口コミは以上になります。

 

なお、合宿免許の申込みは、複数の教習所が比較できる申込みサイトを利用する人が多いです。

当サイトでは50以上の申込みサイトと、その賢い利用法を紹介した記事を公開中です。

合宿免許の申込みサイトまとめ

 

「マツキドライビングスクール赤湯校」の詳しい情報や、他の口コミ・体験談は下記のページをご覧ください。

マツキドライビングスクール赤湯校のページはこちら

 

他の教習所の情報をご覧になりたい場合は、下記のページをご覧ください。

当サイトでは、合宿免許が利用できる日本全国250以上の教習所の情報を掲載しています。

全国の合宿免許教習所のページはこちら