この記事では合宿免許の支払いにおけるローンについて解説しています。

合宿免許は通学免許に比べて費用が安いですが、それでも20万円ほどの大金を支払うことになります。

合宿免許で支払わなければならない金額を見て、

・その費用を一括で支払うことができない場合はどうすれば良いのか?
・ローンを組んで教習費用を分割で支払うことはできないのか?

と考えている方もいると思います。

そのような方はこの記事を参考にしてみてください。

合宿免許はローンを組むことができるのか?

結論を先にいうと、合宿免許の教習費用はローンを組んで分割払いにすることが可能です。

費用が安い合宿免許とはいえ運転免許証を取得するためには大金がかかります。

合宿免許に参加する方は学生が多いですが、その中には「親に負担をかけたくないから教習費用は自分で払いたい」と考えている方も大勢いると思います。

そのような考えを持っている方が合宿免許にかかる費用を一括で用意することができない場合に、運転免許証の取得をサポートするのがこのローンというシステムです。

合宿免許のローンについて

ここでは合宿免許のローンについて紹介していきます。

ローンの種類

一口に免許取得のためのローンと言っても次の3種類があります。

・銀行の運転免許ローン
・信販会社の運転免許ローン
・大学生協の運転免許ローン

銀行の運転免許ローンは、金利が低めになっていますが基本的に働いていて定期収入がある人にしか融資してくれませんので学生はローンを組むのが難しい場合があります。

信販会社の運転免許ローンは、運転免許証取得に特化したローンとなっており、若年層をターゲットとしているので学生などでも比較的ローンを組みやすくなっています。

大学生協の運転免許ローンは、金利が低いことが特徴となっています。しかし、ローンを組む条件として親権者に連帯保証人になってもらう必要がありますのでその点は注意が必要です。

合宿免許でローンを組む場合はこれらの中のどれかになると思います。

学生やフリーター・無職の主婦などでも組むことができる

先ほどの項目でさらっと触れましたが、基本的に合宿免許のローンは学生でも組むことが可能になっています。

学生の場合で20歳以上の方は本人だけでの申込みが可能ですが、18歳未満の方は親権者が代理で申込みをしなければならず、契約者は親権者となります。

また、18歳以上かつ20未満の方は申込みには親権者の同意が必要になってきます。

また、フリーターや主婦の方といった正規の社員として働いていない方でもローンを組むことができる場合があります。

アルバイトやパートなどで定期収入がある場合は本人だけでの申込みが可能ですが、連帯保証人が必要になってくる時もありますので、専業主婦の方などは旦那さんに協力してもらうしかないでしょう。

だいたいはこのような感じですが、申し込む会社によって条件が違う場合がありますので各自でしっかり調べることが大切です。

ローンを組むための審査がある

前の項目では学生や主婦の方などでもローンを組むことができると申し上げましたが、誰にでもお金を貸してくれるわけではありません。

事前に審査を行って「この人はしっかりと返済してくれそうだな」と認められてようやくローンを組ませてもらえるのです。

しかし、審査の際に嘘をついたり、過去に返済が遅れたことがあったりした場合には審査に通ることが難しいということは知っておいてください。

支払い

審査を通過するとローンが組めるようになりますが、ローンを組んだからには借りたお金を返済していかなければなりません。

基本的には申込みの際に自分が選択した分割回数だけ支払いが続いていきますが、ボーナスでの一括払いが可能なところもあります。

また、学生限定ですがスキップ払いといって最長で6ヶ月間の間は支払いを待ってもらえる制度も存在しています。

ただ、一般的には月1~2万円程度を12~24分割で支払うケースが多いようです。

まとめ

ここまで合宿免許のローンについて解説してきましたがいかがでしたでしょうか?

学生などで初めてローンを組まれる方は少し緊張するかもしれませんが、社会人になるともっと大きな額のローンを組むことも多々あると思いますので、そのときのための予行演習とでも考えると良いでしょう。

アルバイトなどをして自分で返済することも貴重な人生経験となります。

ただ、中にはローンの審査に通らなかったという方も出てくるかもしれませんが、こういった方にはカードローンで必要な現金を作るという手段もあります。

こちらは最短で即日借り入れが可能になっているので気になる方は調べてみてください。

運転免許証の取得費用のためのローンにはいろいろな種類がありますが、自分に合ったローンを見つけることが一番大切なので、しっかりと検討して答えを出すことが重要です。

 

なお、合宿免許の申込みは、複数の教習所が比較できる申込みサイトを利用する人が多いです。

当サイトでは50以上の申込みサイトと、その賢い利用法を紹介した記事を公開中です。

合宿免許の申込みサイトまとめ