この記事では合宿免許での服装についての解説しています。

合宿免許への申し込みを済ませて、あとは準備だけという段階になって「どのような服装で行こうか」「着替えは何日分持っていけばいいのだろう」と迷われる方は多いと思います。

そんな方たちのために合宿免許中の服装についての解説をおこなっていきますので是非参考にしてみてください。

なお、服装以外の持ち物については下記の記事も参考にしてください。

合宿免許に必要な持ち物や便利なアイテムは?

どのような服装がいいのか?

合宿免許の服装として男女共通して言えることは動きやすい服装がいいということです。

また、服だけではなく履いてくる靴も動きやすいものでなくてはなりません。

ここでは男性と女性、そして季節ごとに分けて服装や靴に関しての注意点を紹介します。

男性の場合

基本的に動きやすい服装なら問題はないのですが、ダボダボのズボンなどをはいていると運転に支障をきたす恐れがあるため教習を受けることができません。

靴については履きなれたスニーカーを用意しておきましょう。

ブーツや底が厚い靴・革靴などを履いているとアクセルやブレーキのペダルを踏む感覚が鈍くなって危険ですので禁止されています。

夏になるとサンダルなどを普段履きとして使っている方もいると思いますが、教習では絶対NGですので注意してください。

また、これは男女共通ですが、視力矯正を目的としたメガネやコンタクトレンズの使用は認められている一方で、ファッションとしてのサングラスやカラーコンタクトレンズの使用は認められていませんのでこちらも注意してください。

女性の場合

ファッションへのこだわりが強い方が多い分、女性のほうが男性よりも服装に関しては注意しなければならないかもしれません。

最も注意しなければならないのは露出の高い服装を控えるということです。

女性ならミニスカートやショートパンツ・胸元の開いた服などを着る方も多いでしょうが、学科教習の時はともかくとして技能教習の時に隣に同乗する教官は男性である場合が多いので、教官が目のやり場に困る場合があります。

そういった理由で露出の高い服装は禁止になっている教習所がほとんどですので、女性も男性と同様にパンツスタイルで教習を受けることが望ましいです。

次に靴についてですが、これも男性と同様に履きなれたスニーカーで教習を受けるのがベストです。

当然ですがヒールはNGで、サンダルやブーツも認められておらず、底が厚い靴は男性のところで申し上げた理由と同じでアクセルやブレーキのペダルを踏む感覚がわかりにくくなるのでやめましょう。

季節ごとの服装

ここまでは男女に分けて服装や靴についての解説をしてきましたが、ここでは季節ごとのおすすめの服装について紹介していきます。

春や秋といった寒暖差が大きい季節はなにか一枚羽織ることができるものを持っていくと役に立ちます。

夏はシンプルにTシャツなどがいいと思います。ただ、先ほども申しあげたように暑いからといって露出度が高い服装はNGですので注意してください。

また、避暑地などでの合宿免許の際は夏でもなにか薄めの羽織れるものを持っていくと重宝します。

冬は単純に冷えて寒いのでアウターはもちろんですが、保温効果のあるインナーなども用意しておきたいです。

自由時間の服装

ここまで紹介してきたのはあくまで教習中の服装です。

教習所などによっては午前中にみっちりと教習を受けて午後からは長い自由時間というところも存在します。

このような自由時間で近くの観光スポットに行こうと考えている方は、オシャレな服も1着くらい持っていくといいでしょう。

ただ、お洒落をする場合は教習と自由時間での服装の区別はしっかりとしなければなりません。

パジャマについて

教習を受ける時の服以外に就寝時のパジャマなども必要です。

ただ、もろパジャマというような感じのものを持っていくよりもスウェットなどを持って行ったほうが、そのままコンビニなどに買い物に行ったりできるので便利です。

何日分の着替えが必要か?

合宿免許はその性質上2週間程度拘束されることになりますので、家から宿泊施設に持っていく着替えの枚数については悩みどころだと思います。

ただ、宿泊施設にはコインランドリーなどが設置されているところが多いので、2週間分の着替えを持っていく必要はありません。

4~5日分の着替えを持って行って、2~3日に1回洗濯をすれば大丈夫だと思います。

ただ、洗濯できるような施設や設備があるのかは合宿免許に申し込む際に各自で確認しておいてください。

まとめ

ここまで合宿免許における服装について解説してきましたがいかがでしたでしょうか。

合宿免許への参加を決めた方の中には観光気分や旅行気分で申し込む方も数多くいらっしゃると思います。

確かにいろいろな土地の魅力を堪能することも合宿免許の醍醐味ではありますが、一番の目的は運転免許証を取得することだということを忘れないでください。

あまりにも観光気分や旅行気分が強い服装しか持っていかなかった場合には教習を受けることができず、何をしに行ったのかわからなくなる場合がありますので注意が必要です。

合宿免許の準備をする際には時・場所・場合に応じた服装を考えたうえで荷造りしてみてください。

なお、教習所ごとに洗濯施設がどうなっているかを調べるには、複数の教習所の情報が見られる合宿免許の申込みサイトが便利です。

当サイトでは50以上の申込みサイトと、その賢い利用法を紹介した記事も公開中ですので参考にしてみてください。

合宿免許の申込みサイトまとめ