この記事では合宿免許の仲介業者について解説しています。

合宿免許に申し込むためには仲介業者を利用する人が多いですが、

・仲介業者とは何なのか?
・どのような業者を利用すれば良いのか?

といった疑問を持っている方もいるのではないでしょうか。

そのような方にはこの記事を参考にして頂いて、その疑問を解消して頂きたいと思います。

1.合宿免許の仲介業者とは?

合宿免許の仲介業者とは、各教習所にかわって合宿免許の申し込みを受け付けている業者です。

インターネット上に数多く存在している合宿免許の予約ができるサイトもこれらの業者が運営しています。

仲介業者は様々な教習所の予約状況のデータを持っており、教習所に直接問い合わせるよりも簡単に情報を入手できるのも仲介業者の魅力です。

2.仲介業者を選ぶポイント

合宿免許に参加すると決めてどこの教習所に申し込もうかと悩んでいる時には様々な仲介業者のサイトを訪ねることと思いますが、仲介業者の選び方にもいくつかのポイントがあります。

2-1.仲介業者の信用度を知る

この仲介業者を利用しようと決めたら、その仲介業者の情報を調べて信用度を確認しましょう。

信用度が高い業者だと分かりやすいのは設立年数が古く、長年業務を行っているところです。

このような業者は実績も豊富であり、経験豊富なスタッフが在籍している場合が多く、もしもの時のトラブルにもしっかり対応してくれるので安心して申し込むことができます。

2-2.提携している教習所が多い仲介業者を選ぶ

実績が豊富な仲介業者はこのポイントにも当てはまることが多いです。

そして、提携している教習所が多ければ多いほど自分に合った教習所を見つけることができる可能性が上がります。

2-3.キャンペーンやプランの充実度を見る

合宿免許の仲介業者はたくさんの方に申し込みをしてもらうために様々なキャンペーンやプランを取りそろえている場合が多いです。

割引キャンペーンは、

・ネットで申し込んだときに割引されるネット割
・教習が始まる2ヶ月以上前に申し込むと割引される早割
・一定人数以上で申し込むと割引されるグループ割

などが用意されている場合が多く、様々な割引キャンペーンを併用できるところもあります。

合宿免許の費用を安く抑えたい方はそういった仲介業者を探してみると良いかもしれません。

また、プランが数多く用意されていると教習所を選択するにあたっての選択肢が増えるので、充実した教習生活を送りたい方はこだわって探してみるのも良いでしょう。

2-4.合宿免許のパンフレットを作っている仲介業者を選ぶ

パンフレットを作ることと、作ったパンフレットを様々な場所に置いてもらうことにはお金がかかるので、きちんと運営されている業者にしかできません。

ですので、パンフレットまで制作している仲介業者はきちんと運営されている場合が多く、安心して申し込める仲介業者を探す指標の1つになります。

現在はインターネットが発達している時代ですので、極論をいうとパソコンと電話があれば仲介業務を行うことが可能になっています。

このような仲介業者は提携している教習所が少なく、経営状態も不透明です。

このような業者がすべて悪い訳ではありませんが、見分けるのが難しいので避けた方が無難です。

合宿免許のパンフレットはコンビニや大学の生協・駅などに配置されている他、仲介業者のサイトからも取り寄せることができます。

仲介業者によってパンフレットで紹介されている教習所は違うのでいくつかのパンフレットを見比べて比較してみると良いと思います。

これらのポイントを踏まえた上で仲介業者を選ぶと失敗することはなくなると思います。

3.仲介業者を選ぶ際の注意点

先ほどは仲介業者選びのポイントについて紹介してきましたが、注意しなければならない点も存在します。

3-1.おすすめ仲介業者のランキングなどを鵜呑みにしない

合宿免許を申し込むにあたって様々なサイトを訪問すると思いますが、その中に必ずあるのが「仲介業者で一番良いのはココ!次点でココ!」などといったランキングを掲載しているサイトです。

そもそもこのようなランキングは何を根拠にして作られているかが不明ですので、ランキングを鵜呑みにして何も考えずに申し込むことはしない方が良いです。

2-2.あまりにも安すぎる場合は疑ってかかる

合宿免許を取り扱っている仲介業者の中には大々的に激安を謳っている業者もいます。

ただ、他の仲介業者と比べてあまりにも安すぎる場合は宿泊などに関するコストを削っている場合があります。

合宿免許の申し込みを仲介することによるマージンの金額はどこも同じなので、少しでもコストカットをして儲けを出そうと考える業者がいるのです。

悪徳業者になると実際とは違う写真などをサイトに載せて騙すようなことをしている場合もありますので注意しましょう。

仲介業者選びのポイントの項目でキャンペーンの充実しているところを選ぶと良いと言いましたが、ものには限度がありますので激安なプランのみを追求するのは控えたほうが無難です。

4.まとめ

ここまで合宿免許の仲介業者に関する解説行ってきましたがいかがでしたでしょうか。疑問は解消されましたか?

仲介業者を選ぶ際には紹介してきたような様々なポイントや注意点があります。

ほとんどの人が合宿免許に参加するのは初めてでしょうし、これらのポイントや注意点を踏まえた上でもどの業者にしようかと迷ったりすることもあると思います。

ただ、迷うことは別に悪いことではありません。

合宿免許は通学免許と違って安いことをウリにしていますが、それでも20万円程の大金を払うことになります。

なので、自分が良いと感じた仲介業者をいくつか比較してみたりしながら自分でしっかりと検討して納得できる答えを出すことが重要です。

なお、当サイトでは合宿免許の仲介業者をほとんど掲載した一覧を公開していますので、仲介業者を探す参考にどうぞ。

合宿免許の申込みサイト59件まとめ