この記事では合宿免許に一人で参加することのメリットやデメリット、そして注意点について解説しています。

合宿免許に申し込む際に一緒に参加する友人がいない場合は一人で参加することになると思いますが、「一人で参加しても大丈夫だろうか」と不安になる方もいると思います。

そのような方はこの記事を参考にしてみてください。

一人で参加するメリット

参加する前は不安に感じる方もいるでしょうが、一人で参加することには様々なメリットがあります。

運転免許取得という目標に向けて集中できる

合宿免許は普通ATの場合で最短14日という短期間で卒業することができることをウリにしていますが、卒業が延びてしまうと余計な料金がかかってしまうので、誰もができる限り最短で卒業したいと考えると思います。

ただ、友人などと参加すると、ワイワイすることの方が楽しくなって勉強が疎かになってしまう場合があります。

しかし、一人で参加すると他人に乱されたりすることなく自分のペースで教習を受けたり、復習をしたり、といったことが可能になります。

新しい出会いがある

友人たちとグループで参加した場合、そのグループのメンバーとしか話さないとことになりがちです。

また、グループで固まっているため、他の教習生からは話しかけづらくなり、他の教習生との交流が少なくなることがあります。

ただ、一人で参加していると同じように一人で参加している方に話しやすく、相手からも話しかけられやすいので様々な方とのコミュニケーションを取るチャンスが多くなります。

それによって、新しい出会いが生まれやすいというメリットがあります。

自分の時間が持てる

卒業まではスムーズにいっても2週間程度ですが、友人たちと参加した場合はそのグループで固まっていることが多くなるので、自分一人の時間を持つことが難しくなります。

その反面一人で参加すると単独行動が可能なので、一人でゆっくりとくつろいだり、宿泊施設の近くの観光名所に行ってみたりと、有意義に時間を使うことができます。

自分の好きなタイミングで申し込みができる

自分以外の誰かと合宿免許の申し込みする場合は、自分のスケジュールと相手のスケジュールを合わせる必要が出てきます。

しかし、一人で参加する場合には自分の好きなタイミングでの申し込みが可能になります。

また、合宿免許に様々な特典やサービスが付いていることが多いので、自分の好みに合ったものを取り扱っている教習所を選択することも可能になります。

一人で参加するデメリットや注意点

一人で参加する場合は教習以外の時間は一人でいることが多くなるので寂しさを感じることがあるかもしれません。

また、一人での参加で一人部屋を選択してしまうと、相部屋を選択して一人で参加している方に比べて出会いが少なくなり、教習所内で新しい友人を作るための難易度が少し上がってしまいます。

また、朝が弱い場合に起こしてくれる人がいませんので注意が必要です。

ただ、デメリットと呼べるようなものはこのくらいであり、それほど大きなものはありません。

まとめ

ここまで一人で合宿免許に参加するメリットやデメリットなどについて解説してきました。

一人で参加することにはデメリットはほとんどなく、他人とコミュニケーションを取ることに苦手意識がない方は、相部屋のプランを選ぶことで免許取得にかかる費用を安く抑えられるうえに新たな出会いも期待できます。

また、他人とのコミュニケーションが苦手な方は一人部屋のプランにすることで自分だけの時間をしっかりと確保することができます。

女性の場合、カップルプランを利用しない限り基本的に宿泊施設は男性と別であり、セキュリティやプライバシーの管理などもしっかりとしているので一人で参加しても安全に過ごすことができます。

知らない場所に一人で行くのは恥ずかしい・不安だと思っている方もいるかもしれませんが、一人で参加しても全く問題ないので合宿免許で運転免許の取得を目指す際には一人での参加を検討してみるのも良いかもしれません。

 

なお、合宿免許の申込みは「免許の匠」がおすすめです。複数の教習所が比較でき、情報満載のパンフレットも無料で送ってもらえます。

免許の匠のサイトはこちら