【体験談】友人と宮崎県の梅田学園自動車学校 清武校で免許合宿

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は宮崎県の「梅田学園自動車学校 清武校」の免許合宿に参加した方の体験談をご紹介します。

 

なお、「梅田学園自動車学校 清武校」の詳しい情報や他の体験談は下記のページをご覧ください。

梅田学園自動車学校 清武校のページはこちら

 

それでは体験談をどうぞ↓

大学の友達と免許合宿へ

私が合宿免許を利用したのは大学2年生の、ちょうど20歳の頃でした。

同じ高校だった友達と連れ立って3人で行こう、と声をかけられたのがきっかけです。

発起人である友人が殆どの手配(といっても大学生協経由の手続きでしたが)をしてくれて、用紙に記入とお金を揃えた他には特別何もしなかったように思います。

合宿免許で取ろう、と思ったのはただ友達から誘われたからというだけではなく、合宿地までの交通費がどんな経路であれ4万円支給します、というキャンペーンをやっていたからです。

私は愛知の大学に通っていましたが、行こうとしていた合宿地は宮崎県。

友達とも行けるし、旅行気分で安価に行ける上、大学近辺若しくは地元の自動車学校にチマチマ通わなくても済むなら、と思い参加に至りました。

教習所は、宮崎県の梅田学園自動車学校の清武校。

梅田学園自動車学校 清武校の施設や食事

発起人の子が選んでくれた場所でしたので、他に選択肢があったかどうかも分かりません。

自動車学校から車で10~15分ほど離れたところに女子限定の専用宿泊施設がありました。

平屋の建物が10棟ほど点在しており、一つの建物には5,6名分の個室がありました。一室の広さは4畳くらいでしたが、十分な広さでした。

食堂はまた独立して別棟にあり、朝食と夕食はそこでとることになっていました。

他にも、小さなゲームセンターやカラオケルームなど、暇をさせないような工夫がありました。

梅田学園自動車学校 清武校の教官や教習内容

そもそもの目的である教習はかなりハイスピードに進んでいった気がします。

何カ月かチマチマ通うのを2週間で済まそうとするので当たり前なのですが・・・。

仮免で宮崎市内の道路を走るのですが、私の担当教官は「普通の車と同じくらいのスピード」を求める人だったようで、ビクビク運転することは許されず、もっとアクセルを踏め!遅いぞ!とよく言われました。

そんな風だったので運転自体にもすぐ慣れました。授業は早く進むのですが最後の仕上げである筆記試験は地元で受験しなければなりません。

友人二人は宮崎県から帰って割とすぐに筆記試験を受験し合格しましたが、私はなんやかんやと後伸ばしにしており、結局1点足らずで再受験という苦い思いをしました。

教習以外の思い出

教習以外の思い出で一番印象深いのは宿泊施設の、宿泊者たちを飽きさせないようにするイベントの一つで、お祭りと銘打ってクイズ大会やカラオケ大会を催したことです。

各々の大会に参加し、良い成績だと現金がふるまわれたため、目の色を変えた女性たちがキャーキャー言いながら参加していました。

私も飛び入りでカラオケ大会に参加し、当時人気だったハードコアロックバンドの歌を一人で歌い切り、入賞、賞金をいただくという恩恵に預かりました。

それがきっかけで食堂でも声をかけられるなど、楽しい思い出となりました。

教習が全て終わり実技も合格した後は、帰る日をずらして1日半宮崎県内を観光しました。

愛知県内は車の通りが多く、それ故マナーが悪い車も散見されるため、合宿後の運転で戸惑うこともありましたが、最近一緒に参加した友人で集まり、当時の思い出話で盛り上がりましたし、一生のよい思い出になったと思います。

 

・・・・・・・・・・・

今回の体験談は以上になります。

 

なお、合宿免許の申込みは「免許の匠」がおすすめです。複数の教習所が比較でき、情報満載のパンフレットも無料で送ってもらえます。

免許の匠のサイトはこちら

 

「梅田学園自動車学校 清武校」の詳しい情報や他の体験談は下記のページをご覧ください。

梅田学園自動車学校 清武校のページはこちら

 

他の教習所の情報をご覧になりたい場合は、下記のページをご覧ください。

当サイトでは、合宿免許が利用できる日本全国250以上の教習所の情報を掲載しています。

全国の合宿免許教習所のページはこちら